いろはごと

夫婦共働きふたり暮らしを彩り豊かに。暮らしの「快適」を見つけるブログ。

【結婚式準備】白無垢の衣装合わせで気をつけておくべき5つのこと

衣装合わせに行ってきました。

母親の留袖選びとサイズ合わせも行うため、お互いの親も一緒に行ってきました!


ちなみに、結婚式は和婚がリーズナブルにできる

「和婚スタイル」で申し込みました。


衣装合わせは3時間と時間が決まっていました。


白無垢選び


たくさん種類があって迷いました。


やはり、いいなと思ったのはプラス◯万円。

柄や色合い、様々な種類があり、

実際着てみると全然印象が違って面白い。


私は真っ白よりも生成りの生地がいい!!と決めていたので、

こちらにしました。


がっちがちの和柄ではなく、洋柄も混ざっていて
一番自分にしっくりきました。


これでプラス4万円のグレードアップ。

当初プラス5万円のグレードアップで見積もり出してもらってたので、予算内です!!


小物はゴールドもいいなと思ったのですが、

白無垢が生成りなので白のほうがしっくりきました。

白に決定ー!こちらは追加料金なし!笑


ヘアアクセサリーはオプションで、プラス5,400円と言われました。

私はドライフラワーのヘアアクセサリーにしたい!と決めてたので、今回はお断り。

ネットで探すことにしました。

白無垢の衣装合わせで準備しておくべき5つのこと

だいたいのイメージは固めておく

衣装合わせ、時間が決まっているのでこういうのにしたい!というイメージは固めておいたほうがいいです。


白無垢は真っ白か生成りか、

髪はかつらにするか洋髪にするか、

小物は色があるものにするか、


私はインスタでいいなと思った写真を保存してたので、衣装合わせ担当の方にイメージを伝えやすくてスムーズに進みました。


髪はまとめていく

髪を下ろしているとイメージが狂ってしまい、

わからなくなります。

私はポニーテールにして行きました。


首元が開いた薄手の服を着ていく

首元が開いてるほうが白無垢を羽織ったときにイメージしやすいです。

首元が詰まったタートルネックとかもってのほか!

あとは分厚いニットとかもやめといたほうがいいです。白無垢着たときにゴワゴワになってしまいます。


私は首元の開いたブラウスを着て行ったので大正解でした〜◎

脱ぎ履きしやすい靴で行く

衣装合わせは畳の上でしたので
何度も靴を脱いだり履いたりする場面がありました。


履き慣れているローファーで行ったので楽でした!


メイクは濃いめで行く

これもイメージしやすくするため。ナチュラルメイク過ぎるとイメージ湧きません。

白無垢に映える赤リップで行きましょう。

私はがっつりメイクして行きました!笑

おまけ〜浅草散策〜

和婚スタイルは浅草にあるので、観光もできます。

機会がないとなかなか浅草まで行かないので、
これはちょっと嬉しいポイント。


まとめ

衣装合わせ、楽しかったです。

お互いの母親が衣装合わせ見てくれたの、よかったです。みんなが納得の白無垢を選ぶことができたので。


結婚式までいろいろと決めることが多く、疲れることもあるけれど、楽しんで準備進めていきたいです。